※このページは一部プロモーションが含まれています

DIY・工具・ガーデン

葉っぱ飛ばす機械は何?ブロワーの選び方ガイド

葉っぱを飛ばすブロワーイラスト

庭や実家のお墓などの落ち葉掃除は、大変な作業ですよね。

公園の整備をする業者さんが作業しているときに「葉っぱ飛ばす機械」を使っているのを見たことがありますよね。

あの「葉っぱ飛ばす機械」って何?どこに売っているの?と気になっている方へお役立ち情報を紹介します。

この機械はブロワーと言います。これを使えば、この手間を大幅に軽減できます。

本記事では、庭の落ち葉を効率的に処理するための葉っぱ飛ばす機械の選び方を詳しく解説します。

エンジン式、コードレス、コード式など、さまざまな種類のブロワーの特徴から、あなたの庭や使用状況に最適なモデルの選定方法まで、役立つ情報を幅広くご紹介します。

年末の大掃除用に、葉っぱ飛ばす機械の選択に迷っている方は、この記事をぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

  • 葉っぱを飛ばす機械の名はブロワー
  • ブロワーの種類(エンジン式、コードレス、コード式)と各々の特徴
  • 庭のサイズや清掃の頻度に応じた適切なブロワーの選び方
  • ブロワーの使い方と落ち葉掃除を効率的に行うコツ
  • ブロワーのメンテナンス方法と長期的な使用のための注意点

 

葉っぱを飛ばす機械:ブロワーの基本

 

落ち葉やゴミを効率的に掃除するための機械「ブロワー」について紹介します。

ブロワーの基本機能、種類と特徴、人気モデル、コードレスブロワーの利点、そして吹き飛ばしと吸い込みが可能なブロワーバキュームについて解説します。

庭の掃除や落ち葉処理に役立つ内容です。

 

葉っぱを飛ばす機械とは?

公園整備や工事現場などで見る葉っぱを飛ばす機械の名前は、一般的に「ブロワー」と言います。

こんなやつですね。勢いよく葉っぱが飛んでいくやつです。

葉っぱ飛ばす機械マキタ

(引用 Amazon.co.jp )

強力な風を送り出すことで、落ち葉やゴミを飛ばしたり、掃き集めたりすることができる機械です。

主にガーデニングや工事現場などで使用されています。

 

 

落ち葉掃除にブロワーを使用するメリット

落ち葉の掃除には、ブロワーが非常に効果的です。

ブロワーは、強力な風を発生させて、落ち葉を一箇所に集めることができます。

手作業に比べて、作業時間を大幅に短縮できるのが最大のメリットです。

また、大きな落ち葉だけでなく、細かいゴミも一緒に吹き飛ばすことが可能です。

 

ブロワーの種類とその特徴

 

ブロワーには大きく分けて、エンジン式、コードレス(バッテリー式)、コード式の三種類があります。

エンジン式はパワフルで、広範囲の清掃に適していますが、重量があり、騒音や排気ガスが発生します。

コードレスは軽量で移動が自由ですが、バッテリーの持続時間に制約があります。

コード式は連続使用が可能で軽量ですが、電源の位置に依存します。

 

落ち葉 ブロワー おすすめ:人気モデル紹介

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥9,840 (2024/06/22 08:13:51時点 Amazon調べ-詳細)

市場には多くのブロワーが存在しますが、特に人気のあるモデルはその使いやすさと性能で選ばれます。

例えば、マキタの充電式ブロワは、パワー、軽量さ、操作性のバランスが取れているため、庭の掃除に最適です。

一方で、エンジン式のブロワは、より広い範囲や業務用途に適しており、強力な風量で効率的に落ち葉を処理できます。

マキタのブロワー

Amazonで今すぐ見てみる

葉っぱを飛ばす機械はこれ

 

ブロワー 落ち葉 コードレス:便利な選択肢

コードレスブロワーは、その持ち運びの容易さと、設置場所を選ばない利便性で人気があります。

特に家庭用での使用において、コードレスモデルは庭や通路など、電源がない場所での作業に適しています。

ただし、バッテリー寿命や充電時間は購入時に考慮すべき重要なポイントです。

基本的にほぼコードレスです。

 

ブロワー 落ち葉 吸い込み:効率的な清掃方法

一部のブロワーには、落ち葉を吸い込む機能が搭載されており、ブロアとしてだけでなく、バキュームとしても使用できます。

この機能により、吹き飛ばした後の落ち葉を集める手間が省け、清掃作業がより効率的に行えます。

特に、庭が広い家庭や、落ち葉の量が多い場所での使用に便利です。

 

 

落ち葉 ブロワーバキューム:一台二役の機能性

落ち葉ブロワーバキュームは、一台で吹き飛ばしと吸い込みの両方が可能なモデルです。

この種の機器は、作業の効率を大幅に向上させることができ、特に庭の広い家庭や、落ち葉の多いエリアでの使用に適しています。

さらに、一部のモデルには粉砕機能が付いており、吸い込んだ落ち葉を細かく砕くことができ、廃棄処理を容易にします。

 

葉っぱを飛ばす機械:ブロワー選びのポイント

ブロワーを使う女性イメージ

下記では用途に合わせたブロワーの選び方を解説します。

家庭用や商業用といった使用目的に応じたモデルの選定方法、充電式ブロワーのメリットと選び方、ブロワーのパワーと効率の理解、適切な取り扱いとメンテナンス方法、安全な使用方法、コードレスとコード式ブロワーの比較、ガーデニング用ブロワーの選び方、落ち葉処理のコツ、ブロワーの付加機能、使い勝手を考慮した選択基準、購入時のチェックポイントについて詳しく説明します。

 

ブロワー選びの基本:用途に合わせた選定

ブロワーを選ぶ際には、その用途を明確にすることが重要です。

家庭での使用なのか、商業的な使用なのかによって、選ぶべきモデルが異なります。

家庭用の場合は、軽量で操作が簡単なコードレスやコード式が適しています。

商業用途では、よりパワフルで耐久性の高いエンジン式が必要になることがあります。

 

落ち葉 ブロワー 充電式:メリットと選び方

充電式ブロワーの選び方としては、バッテリーの持続時間、充電時間、重量、パワーを重視することが大切です。

バッテリーの持続時間が長いモデルは連続使用が可能で、大きな庭の掃除に適しています。

また、重量が軽いモデルは長時間の作業にも適しており、女性や高齢者にも扱いやすいです。

 

ブロワーのパワーと効率:風量と風速を理解する

ブロワーのパワーは、風量と風速によって決まります。

風量が多いモデルは、広範囲の落ち葉を一度に吹き飛ばすことができますが、一箇所に集めるのが難しい場合があります。

風速が高いモデルは、湿った落ち葉や重いゴミも吹き飛ばすことができます。

作業内容に応じて、適切な風量と風速を持つモデルを選ぶことが重要です。

 

ブロワーの取り扱いとメンテナンスの基本

ブロワーの取り扱いとメンテナンスは、長期間の使用において非常に重要です。

定期的な清掃、フィルターの交換、適切な保管方法がブロワーの性能を保ち、耐久性を高めます。

特にエンジン式ブロワーは、適切なオイル交換や、燃料の品質に注意する必要があります。

 

ブロワーの安全な使用方法

ブロワーを使用する際には、安全に注意することが重要です。

特にエンジン式ブロワーは騒音が大きいため、適切な聴覚保護をすること、また、強力な風によって飛散する可能性のある小石やゴミに注意する必要があります。

安全な操作を心がけ、事故を防ぐためにも、取扱説明書の指示に従うことが大切です。

 

コードレスブロワーとコード式ブロワーの比較

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥9,645 (2024/06/22 08:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

コードレスブロワーとコード式ブロワーは、それぞれにメリットとデメリットがあります。

コードレスブロワーは移動の自由度が高く、どこでも使用できますが、バッテリーの持続時間に制約があります。

一方、コード式ブロワーは連続使用が可能で、パワーが安定していますが、使用範囲が電源の位置に制限されます。

用途に応じて、最適なタイプを選ぶことが重要です。

 

ガーデニング用ブロワーの選び方

ガーデニング用のブロワーを選ぶ際には、使用範囲の広さや、落ち葉の量、作業の頻度などを考慮する必要があります。

小さな庭や軽量な作業には、コードレスや小型のコード式ブロワーが適しています。

大きな庭や重量のある落ち葉の場合は、よりパワフルなエンジン式や大容量のバッテリーを持つコードレスブロワーが適しています。

 

ブロワーを使った効果的な落ち葉処理のコツ

効果的な落ち葉処理のためには、ブロワーを使って落ち葉を一箇所に集めた後、吸い込み機能があるモデルを使用して吸引することが効率的です。

また、吹き飛ばす方向や風量を調節して、落ち葉をコントロールすることが重要です。

風の方向や強さによっては、落ち葉を飛散させてしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

ブロワーの付加機能:何を求めるか

( 引用 amazon.co.jp

ブロワーには、吸い込み機能や、粉砕機能、変速機能など、さまざまな付加機能があります。

使用する環境や目的に応じて、必要な機能を持つモデルを選ぶことが大切です。例えば、庭木の剪定後の小枝や葉を処理する場合は、粉砕機能が付いたモデルが便利です。

 

使い勝手を考えたブロワーの選択基準

ブロワーを選ぶ際には、使い勝手を重視することが重要です。

重量、操作性、騒音レベル、振動など、使いやすさに影響する要素を考慮しましょう。

例えば、長時間の使用を予定している場合は、軽量でバランスの良いモデルを選ぶと、作業の負担を軽減できます。

 

ブロワー購入時のチェックポイント

ブロワー購入時には、以下のポイントをチェックすることが重要です。

まず、作業範囲や頻度に合ったタイプを選ぶこと。

次に、バッテリーの持続時間や充電時間(コードレスモデルの場合)、エンジンの性能(エンジン式の場合)を確認すること。さらに、重量や操作性、騒音レベルなどの使用感も試してみることがおすすめです。

 

葉っぱを飛ばす機械:ブロワーまとめ

  • 落ち葉掃除にブロワーを使用すると作業時間が大幅に短縮され、細かいゴミも一緒に処理可能
  • ブロワーにはエンジン式、コードレス式、コード式の三種類があり、それぞれ特徴が異なる
  • エンジン式ブロワーはパワフルだが重く、騒音や排気ガスの発生に注意が必要
  • コードレスブロワーは移動が自由で軽量だが、バッテリーの持続時間に限りがある
  • コード式ブロワーは連続使用が可能で軽量、しかし電源の位置に依存する
  • 人気のブロワーモデルは使いやすさと性能のバランスで選ばれる
  • ブロワー選びでは用途を明確にし、家庭用か商業用かによってモデルが異なる
  • 充電式ブロワーの選び方ではバッテリーの持続時間、充電時間、重量、パワーを重視
  • ブロワーのパワーは風量と風速によって決まり、作業内容に応じて適切なモデルを選択
  • ブロワーの取り扱いとメンテナンスは長期間の使用において重要で、清掃や保管方法が性能を保つ
  • ブロワー使用時は安全に注意し、特にエンジン式では聴覚保護が必要
  • ブロワー購入時は作業範囲や頻度、バッテリー持続時間、重量などをチェック
created by Rinker
マキタ(Makita)
¥9,645 (2024/06/22 08:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

-DIY・工具・ガーデン